商品詳細

【サメの歯セット】メガロドン001:サメの先祖 [サメ歯セット001]

販売価格: 1,280円 (税込)

[在庫なし]

重み: 13g

  • mixiチェック

商品詳細

商品名 【サメの歯セット】メガロドン001:サメの先祖 商品について ○メガロドン002:サメの先祖(Squalicorax)スクワリコラックス属歯は種によって大小がある。歯冠は三角形、前歯列はまっすぐ、側歯列では後方に、より屈曲する。歯冠の咬頭頂は鋭いことも鈍いこともある。通常、切縁は明瞭な鋸歯があり、いくつかの種ではかなり強く刻まれている。S.yangaensisでは、主な鋸歯にはさらに二次的な鋸歯がある。近心切縁は長く、ほぼまっすぐか、かなりふくらみ、ときにこぶ状でさえある。遠心では短く、まっすぐか明瞭な踵があるときはふくらみ、ないときにはへこんでいる。通常、歯冠はそれ程厚くない。初期の種では唇側面ははっきりとした隆起があり、歯根に張り出している。歯根は初期の種ではやや低い。その由来種ではやや高く平らになり、側縁はやや高く、しばしばへこんでいる。基底縁は常に切りこみがある。溝はないがいくつか基底孔がある。また、多くの孔がエナメロイド境界の下の歯根唇側面に開口している。本属は時代、地域ともに広く分布している。大きさ:30mm×24mm幅:5mm重さ:3グラム産地:サハラ砂漠北部産(Lanna Obliqua)大きさ:23mm×30mm幅:8mm重さ:3グラム産地:サハラ砂漠北部産<石説明>鋸歯状の切縁をもつ頑丈な歯が特徴で絶滅したサメの系統である。体長が推定13mということは、地球上でもっとも大きな肉食動物のひとつだった。かみそり形の歯の歯冠は三角形で、側方の副咬頭は、あるものとないものがある。歯根はしっかりしていて、栄養溝はない。上顎には約24本、下顎には約20本の歯がある。カルカロクス・メガロドンは、この系統でも最も新しく大きいもので、副咬頭はない。●生息域 暖かい海に生息し、その歯は、おそらく餌食になった海生哺乳類が含まれる推積物から豊富に産出する。●備考 この属は、よく現世のホホジロザメと混同されるが、実際は、表面的に生活スタイルや、餌が似ているだけである。これらは系統的に遠く離れている。鋸歯はカルカルクレスのそれと共通するが、これは大型肉食動物にはよく現れる形質である。 発送方法について 東京都より定形外普通郵便か、ゆうパックにて発送いたします。 支払い方法について 郵便振替みずほ銀行代引郵送 その他 とてもお買い得な商品です。【注意】商品の写真は光の反射具合によって現物と多少違うように見える場合があります。また、天然石そのもののキズ等に見えているのは石の性質上止む終えません。了承していただける方だけ落札をお願いいたします。輝きは最高にきれいです。

他の写真

画像: 【サメの歯セット】メガロドン001:サメの先祖
メガロドン化石裏面
ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内
Powered by おちゃのこネット